特集

芭蕉が出会った、六田の景色を後世へ。 みんなで食べたい、お麸料理。 東根名物、麸たっぷりいも煮。 お麸と見つめる、日本の食卓 湧きだす水の物語

赤ちゃんから、じいちゃん、ばあちゃんまで。みんなで食べたい、お麸料理。

秋です。今年も山形においしい秋がやってきました。新米に、秋野菜、果物、それから山のきのこ、などなど待ち遠しいものがいろいろありますね。そして「お麸」。

あれ、お麸の季節は秋かって? 

お麸は一緒に調理した食材の風味をぎゅっと吸いこむから、季節の味でいっぱいになりますよ。ほんのり苦味がおつな、あけびと焼き麸の味噌炒め。畑と山の融合、舞茸と万願寺とうがらしのお麸炒め煮。秋は香り豊かな食材たちに、食が進みます。

みなさんはどんなお麸料理がお好みですか? お麸は昔から、子どもからじいちゃん、ばあちゃんまで、家族みんなで食べておりました。今日はそんなお麸料理のこと、少しおしゃべりしていきましょう。


脳を育てる、お麸料理。

最近では赤ちゃんのご飯、離乳食もお店で手軽に買えるようになりましたね。でも本当はお母さんが作ったものを食べさせてあげたい。その時に食材として提案するのがお麸。 かぼちゃと人参とお麸のポタージュはいかがでしょうか? お野菜をくたくたに煮てからペースト状にし、そこに加えるのは粉々にしたお麸。しばらく弱火でコトコト煮ているとなめらか、とろみが出てくるんです。ここでポイントとなるのは、お麸にしっかり火を通すこと。ちょっと味見してみてください、文四郎麸のお麸ならポタージュの状態でもつるっとした食感が楽しめます。野菜との相性もばっちり。ほら、赤ちゃんも喜んでいますね。

実はお麸の原料となるグルテンには、グルタミン酸というアミノ酸が豊富に含まれており、脳の発達を助ける栄養素の一つとして注目されています。だから伸び盛りのお子さんたちにもオススメです。おいしいだけじゃない、もっと食べてほしい理由がありました。


お麸は犒鯒梢″ お年寄りの介護食にも。

健康な脳を必要としているのは、なにも赤ちゃんだけじゃありません。さっきはグルテンが脳の発育を助けるというお話をしましたが、このグルタミン酸という栄養素は、記憶力の維持や脳の活性化にも効果が期待されているんです。つまり、最近物忘れが増えてきたという、じいちゃん、ばあちゃんにもオススメ。低カロリーで消化吸収もいい。健康食として毎日でも食卓に取り入れてほしいのです。家庭菜園をしているお年寄りも多いと思いますから、季節の野菜と一緒に食べられたら最高ですね。

今日は、麸とえのきのあんかけを作ってみました。お麸はきちんと水で戻してから、えのきと一緒に煮汁でクツクツ煮込みます。完全に火が通ったら片栗粉でお好みのあんに。私はきのことお麸の組み合わせが大好きなんです。お麸はきのこの旨みを上手に吸ってくれるから、本当においしくて。あんにすることで、煮汁の味も十分に絡めて食べられるから、大満足の一品ですよ。


みんなで食べたい、お麸料理。


車麸
216円(税込)

あづま麸
507円(税込)

おし麸5枚入
540円(税込)


やき麸(徳用)
583円(税込)

おし麸7枚入
756円(税込)


並び順を変更[ おすすめ順 | 価格順 ]

麸料理三つの基本

麸の料理には、下記の三つが基本となります。まずはその基本の三行程をご紹介致します。
1、もどす。
芯がやわらかくなるまで 水、又はぬるま湯でもどす。
(目安は10〜15分間)

一口メモ
麸をもどす時には少し多めに。残った麸は水分をきって袋に入れ冷蔵庫に。次に使用する時にもどす手間がはぶけます。
2、しぼる。
手で水分を押ししぼる。
3、切る。
包丁で切る。
(手でちぎって入れるのはやめましょう。)

一口メモ
お汁や煮物にする麸は、1.5㎝位の輪切りがめどです。あまり小さくしないこと
おいしい麸料理を作るためには、この三行程がかかせません。
これさえしっかりできれば、うんまい麸料理が必ずできますよ!

お問い合わせは

お問い合わせ等がございましたら下記までご連絡ください。
お電話での問合せ
(AM9:00〜PM7:00)
TEL(無料)0120(79)0117
FAXでの問合せ
(24時間受付)
FAX(無料)0120(79)0186
WEBでの問合せ
(24時間受付)
 こちらの問い合わせフォームより送信して下さい。