特集

芭蕉が出会った、六田の景色を後世へ。 みんなで食べたい、お麸料理。 東根名物、麸たっぷりいも煮。 お麸と見つめる、日本の食卓 湧きだす水の物語
「文四郎麸」店舗のご案内

「文四郎麸」店舗のご案内

文四郎麸について

文四郎麸は山形県内に100年以上続く企業400社の1つに数えられる麸一筋の老舗です。和風の店構えが六田の歴史を思い起こさせます。店内にはやき麸をはじめ、なま麸・麸まんじゅう・ふかりんとうなどさまざまな麸商品をいろいろ取り揃えておりますので、ぜひお立ち寄り下さい。

また、店内の囲炉裏端で毎日お出しする麸の煮物を食べたり、懐かしい鉄瓶で沸かしたお茶でも飲みながらゆっくりとおくつろぎ下さい。

六田麸街道を訪れるお客様がここで自由にお茶を召し上がりながら麸料理や旅の話題に花を咲かせ、少しでも六田の歴史と風土そして人情を感じていただければと思います。是非、お気軽にいつでも”一休み”下さい。お待ち申し上げております。

麸販売処・お休み処

車麸をはじめ、さまざまな麸や麸惣菜、菓子をお買い求めいただけます。また囲炉裏端では麸を使った郷土料理の試食をお楽しみいただけます。

麸作り資料展示室

伝統ある六田の麸作りを語り継ぐ場として、麸作りの歴史や道具等を展示しています。ご覧になりたい方はお気軽にお声をおかけくださいませ。

麸工房(麸工場)

麸職人たちが丹精こめて作る麸の工場です。六田の麸の製造過程を自由に見学することができます。

「六田水」について

当店敷地内にある無料休憩処「六田水」の井戸水(山形県理化学分析センターで太鼓判を頂いた水)がとてもおいしいと喜ばれております。六田の麸作りを昔より見守り続けてきた六田の名水がこの地の歴史をすべて物語ってくれているようです。中にはペットボトルやポリタンクを持参して水汲みにいらっしゃる方もおります。お近くにお越しの際は、どうぞご利用ください。

場所のご案内

創業文久年間 文四郎麸
〒999-3709 山形県東根市六田二丁目2-20  TEL 0237(42)0117 / FAX 0237(42)0186

※さくらんぼ東根駅より北進約2km

大きな地図で見る
平成21年より、ETC搭載車への高速料金の大幅な値下げが実施されました。「文四郎麸」は「東北中央自動車道・さくらんぼ東根I.C」から車で約10分と、アクセスのしやすい場所にあります。また、さくらんぼ東根温泉・足湯も車で5分ほどのところにあります。 ぜひこの機会に「文四郎麸」そして東根へ遊びに来て下さい。 [→] 東北中央自動車道・東根ICの場所はこちら

お問い合わせは

お問い合わせ等がございましたら下記までご連絡ください。
お電話での問合せ
(AM9:00〜PM7:00)
TEL(無料)0120(79)0117
FAXでの問合せ
(24時間受付)
FAX(無料)0120(79)0186
WEBでの問合せ
(24時間受付)
 こちらの問い合わせフォームより送信して下さい。